event, news

「茶にあそぶ 2016 秋」

昨年、ご縁があり京都国立博物館 茶室 堪庵にて茶会を催させていただきましたが、
この秋もまた、皆様と楽しいひとときを過ごせればと思い、
新たな試みを加え 「茶にあそぶ 2016 秋」 と題してご案内申し上げます。

薄茶一服と、一之船入 巍禧之 氏によるむしやしないで、
秋の一日をお楽しみいただければ幸いでございます。

巍家は中国の皇帝料理人として仕えてこられた一族です。
皇帝に従って台湾へ移られ、その後日本の横浜へ来られた歴史をもつ方です。

今回の企画に際して、どなたにお料理をお願いしようかと頭を悩ませましたが、
「楽しむ」という観点から考えると、最も茶の湯から遠い位置にある中華というものに
挑戦してみたくなりました。

タイミングよく、巍禧之 氏もちょうど日本文化との融合について
お勉強を始められたところであったので、今回の企画にご賛同いただきました。

また、昨年同様、ご縁ある陶芸家の茶碗を展示させていただきます。
皆様にご指導いただければ幸いと存じます。

日時:10月1日(土)、2日(日)
於:京都国立博物館内 茶室 堪庵

両日とも、お席入りの時間は
9:40、11:00、12:30、14:00 でございます。

会費 お一人16,000円(税込)

参加ご希望の方は、梶 古美術までお問い合わせください。

2016-08-24 | Posted in event, newsComments Closed